日本三大金運神社と呼ばれる千葉県館山市の安房神社へ参拝し、空気感が変わったのを体験しました。

noaです。いつもnoaの自由なブログLIFEをご覧いただきありがとうございます。

更新までしばらく期間があいてしまいましたが、本日もブログを更新していきます。

今回は日本3大金運神社の1つと呼ばれる千葉県館山市にある安房神社へ参拝してきました。

最初にお伝えします。この神社皆さん是非ここは行かれた方が良いかと思います。

鳥居を抜けた瞬間に空気感が一瞬で変わりました。私だけでなく2人とも感じましたね。

それでは行ってみましょう。

今回は車で千葉県南房総へドライブです。

場所は館山市。高速道路館山自動車道を走りひたすら千葉県を南下します。

最後まで高速道路を走ると富浦ICが最終です。

ここから一般道を走り更に南下します。

館山市へ来た

トンネルを抜けると両脇にヤシの木が並んでいます。南に来た感じですね(笑)久々のドライブなので二人共テンションあがります。

高速道路を降りて一般道を真っ直ぐ南下すると安房神社の看板が左手に見える為、そこを左折するだけなので簡単です。地域も大神宮という場所です。

安房神社鳥居と参道

安房神社は真っ白の鳥居でした。

安房神社鳥居

鳥居の前でお辞儀して参拝したいと思います。

安房神社の主祭神

天太玉命 (アメノフトダマノミコト)

日本の産業創始の神様だそうです。

天太玉命は、あらゆるモノを生み出す事の出来る、優れた力をお持ちの神様です。

ものつくり、企業隆昌、事業繁栄、商売繁盛、技術向上、学業向上などに、特にご利益があるそうです。

安房神社参道

鳥居を抜けると砂利の長い参道があります。左右には低い背の桜の木があります。

春の季節はとても綺麗な光景になりそうですね。次行くときは暖かくなってから行きたいと思います。

安房神社鳥居

参道を抜けると2つ目の鳥居です。

再度お辞儀をして中に入ります。

この瞬間感じました。最初にも書きましたが、空気感ガラッと変わります。

二人で思わず声を出してしまいましたね(笑)お互い目を合わせ凄いねって話しました。

安房神社手水舎

鳥居を抜けるとすぐ右手に手水舎があります。

安房神社手水舎

とても水が清らかで感動しましたね。

あまりにも綺麗なので写真を何枚か撮ってしまいました。

ちょうど私達が到着したときは、七五三の家族だけでしたね。

七五三の着物が可愛いですね。おめでとうございます。

安房神社御祈祷

ちょうどご祈祷が始まる前でした。

最近訪れる神社はタイミングご祈祷の時が多く感じますね。安房神社の神様ありがとうございます。

こちらが安房神社の拝殿になります。

境内で焚き火をしているので、幻想的な写真になりました。

安房神社

しっかりと今回も提灯撮影させて頂きました(笑)

安房神社提灯

安房神社は商売繁盛のご利益があり、日本三大金運神社と呼ばれています。

これで私は日本三大金運神社のうち2つ行かせてもらいました。

安房神社参拝所

手を合わせ参拝したいと思います。

ここで観光バスの集団が来ました。

一気に境内が賑わいます(笑)

これもまた歓迎のサインですかね。

こちらは本殿を横から撮影した写真です。中でご祈祷されています。境内に太鼓がドンドンと響き渡ります。

安房神社本殿

右奥に見えるのが本殿になります。

拝殿と本殿がある場所が「上の宮」と呼ばれています。

下の写真の屋根の建物です。

安房神社本殿

安房神社 天富命の社

摂社が見えてきました。

こちらは「下の宮」と呼ばれています。

その向かい側には御神木があります。

とても生命力豊かな御神木です。

とても伝わってきます。

安房神社御神木槇

樹齢数百年もありそうですね。

この地はとても気が良い場所なので、すくすくと成長するのでしょう。

安房神社御神木

境内には至るところに白い石で囲んだ小さな木があります。とても可愛いですね。

榊

安房神社 天富命

こちらは天富命・天忍日命を祭る神社です。

房総開拓の神様ですね。

房総開拓の神

天富命

こちらは琴平社になります。

小さな狛犬が左右にいます。

安房神社の境内で唯一の狛犬です。

安房神社琴平社

琴平社

安房神社狛犬

すっかり社の屋根に興味を持ってしまった私は神社に行くと屋根をチェックしてしまいますね。

安房神社の本殿は鰹木が7本ですね。

安房神社の鰹木

ここで本殿の裏手側付近にとても気になるものを発見。

近くによってみるとどーやら御神水が頂ける場所のようです。

とても良い気を感じました。

思わず手を合わせ、パンパンと手を叩いた瞬間びっくりしました。

洞窟内に音が共鳴していたからです。

安房神社の御神水

どーやらここはお水をいただく前はお祓いを受けてから頂くようです。

よーく耳を済ますと洞窟内に滴る水が中から反響して聞こえてきます。

凄く癒やされます。一滴一滴、滴り御神水の源なのでしょう。

御神水の作法

ここは私とても好きですね。

山からは鳥の鳴き声が聞こえ、洞窟内からは水の滴る音が共鳴して聞こえてきます。目を閉じて心を沈め耳を傾けるととても癒やされるパワースポットです。

安房神社御神水

伊勢神宮の摂社もありました。今日は安房神社に来る前に無事に到着するようにお願いしてきましたので、無事に到着した挨拶をしました。

安房神社の伊勢神宮遥拝所

本殿の左側には大きな銀杏の木がありました。もう少し寒くなるとこの銀杏の木も綺麗に色づくのでしょう。

安房神社の銀杏

最後に御朱印を書いてもらいます。

千葉県の御朱印巡りの冊子が置いてありました。

千葉県御朱印巡りの冊子

御神塩も売ってましたね。安房神社御神塩

こちらは安房神社の御朱印帳になります。色は二種類あるようです。安房神社の御朱印帳

番号は3番で待ちたいと思います。御朱印待ち番号札

境内は焚き火をしていて、本当に幻想的です。またこの煙が私達の悪いものを祓っていただけてる感じもしましたね。安房神社御朱印

こちらが安房神社の御朱印になります。

安房国一之宮の印が押されてますね。

とても立派な書体です。ありがとうございました。

初めて安房神社に来ましたが、ここは何度でも訪れたい神社ですね。

ここはとてもあたたかいパワーに包まれる感覚ですね。

神域に入った瞬間に空気感がガラッと変わるため最初はピリッとしましたが、自分がふわっと包まれた感覚にも感じました。安房神社鳥居

最後に鳥居でお辞儀をして、安房神社の参拝を終えたいと思います。

二人で参道を歩きながら車に向かってる最中ずっと、凄いね凄いねって話してました。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

日本三大金運神社→最強金運神社。新屋山神社

房総半島に向かう途中のおすすめ神社→木更津総鎮守、八剱八幡神社

南房総市で手に入れた限定御朱印は住職の繊細な筆で描かれた姫御朱印→小松寺の限定御朱印はこちら

南房総絶景スポット神社→安房国一宮 洲崎神社

noa-blogの2019年最新の御朱印LIFEは神奈川県の寒川神社へ行って気ました。→神奈川県の寒川神社へ、久々の御朱印LIFE…

伊豆熱海のパワースポット来宮神社→熱海にある有名な来宮神社、天然記念物の大楠にスゴイ生命力とパワーを感じた!!

伊豆熱海への旅→寒川神社参拝後にパワースポット伊豆山神社へ参拝!!

場所 〒294-0233 千葉県館山市大神宮589番地 

自動車で行かれる際は、館山自動車道を館山方面へ南下します。そのまま乗り換え無しで富津・館山自動車道になります。

最終の富浦IC下車後に最初の信号を左折。館山・白浜方面へ向かいます。国道127号線をまっすぐ進み国道410号線へそのままつながります。

大神宮という地域にある「コメリホームセンター大神宮店」を左折すると安房神社が目の前に見えてきます。

ピックアップ記事

  1. 千葉県袖ヶ浦市にある藤鮨。銀座で修業をした大将が握る本格江戸前寿司は、思わず笑顔…
  2. 桜の限定御朱印 河童のお寺  伊豆河津町の栖足寺へ参拝

関連記事

  1. 御朱印集め

    富士山麓に弾丸日帰り旅行いってきました。

    昨日は北口本宮冨士浅間神社へ行ってきました。当初は新幹線の予定でし…

  2. 御朱印集め

    手書きのデザインがかわいい、習志野の杜 大原神社に参拝してきました。

    noaです。いつものnoaの自由なブログLIFEをご覧頂きありがとうご…

  3. 御朱印集め

    最強金運神社 新屋 山神社に行ってきました。

    先日に続き、山梨県の富士山麓のパワースポット巡りです。前回は北口本宮…

  4. 御朱印集め

    江戸総鎮守 神田明神の隋神門は見とれてしまうほど圧巻でした。

    noaです。いつもnoaの自由なブログLIFEをご覧いただきありがとう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 食べ歩きブログ

    恵比寿にある、「阿夫利AFURI」にラーメン食べてきました。
  2. 伊豆山神社手水舎

    御朱印集め

    伊豆熱海のパワースポット、伊豆山神社へ参拝。
  3. 予定表を付けれる人

    雑記

    手帳を書き続けるだけで、ワンランク上の大人になれると感じた話
  4. 食べ歩きブログ

    築地 さかな竹若 築地本店
  5. 食べ歩きブログ

    東京銀座にある双寿のランチに行ってきました。
PAGE TOP